« 無傷じゃなかった・・・ | トップページ | ナンバーフレーム »

2008年9月27日 (土)

データー収集

厚手のスペーサー+ロングハブボルトを入れる前に現状の把握を・・・

今回は測定場所を明確にし、誤差が出ないように気をつけました。

<右前輪>

既に3mmのスペーサーが入っていますが10mmの隙間があります。

もう5mm外に出すため8mmのスペーサーを購入予定です。

それでも5mmの余裕があります。

Po20080927_0000

<左前輪>

なぜか12mmの隙間があります。右と左で2mm差が・・・

3mmのスペーサーを抜いて8mmスーペーサーを入れても7mmの余裕が。

Po20080927_0003

<右後輪>

14mmの隙間です。既に5mmのスペーサーが入っています。

ここには購入済みの10mmのスペーサーを入れます。

10mm入れても9mm余裕あります。

Po20080927_0010

<左後輪>

こちらは16mmの隙間が・・・

10mmスペーサー入れても11mmの余裕があります。

Po20080927_0006

右側に比べ、左側が前後輪ともに2mm余裕があります。

個体差って結構あるんですね。

----------------------------------------------

<7.5J/オフセット52のホイールならば・・・>

・前輪=13mm

10mmのスペーサーを入れても3mm余裕あり。

10mm入れるか8mm入れるか発注するまで悩みます・・・

・後輪=19mm

15mmのスペーサーを入れても4mm余裕あり。

後輪はフェンダーの爪が10mm程度あるので、ギリギリまで出すと爪折は必須。

スペーサー厚みの限界10mmで我慢。やはり2枚重ねは気がひけます。

10mm入れても9mm余裕があるので安心でしょう。

« 無傷じゃなかった・・・ | トップページ | ナンバーフレーム »

レガシィ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517599/42609822

この記事へのトラックバック一覧です: データー収集:

« 無傷じゃなかった・・・ | トップページ | ナンバーフレーム »